上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダンナくんは、
この辺りの、その関係の人達の間では、
ちょっと名の知れた反原発推進者です。

今回の原発事故が起こるずっとずっと以前から、
うちの近くで起こっている、
原発建設予定の反対運動に参加していました。

「事故は絶対起こるって。
地震大国の日本のどこに原発を作っても安全、と言える場所はないし、
絶対事故は起きない、と電力会社は言い切るけど、
絶対って言葉はおかしいって。」


事故の前からよく言ってました。


そして、今回の原発事故。


ダンナくんは、
まるでうちのすぐ側で事故が起こったかの様に、
映像が流れる度に落ち込んでいます。

特に子供達の被害は深刻です。

福島県内の校庭で遊ぶ子供達。
国が子供達の年間放射線量の最低ラインを引き上げた事にも驚きだけど、
それ以前に、

「すぐに体に影響はない。」

という国や東電、専門家の言う事を信じてるのかな~と。


すぐに体に影響が出るほどの被曝をしたなら大変です。


微量被曝、実際そんな言葉があるのかどうかよく分からないけれど、
このすぐに体には影響はない量の被曝が、
体に蓄積され、
10年後20年後、
甲状腺癌や白血病へと進行していく恐れがある、らしいのです。

そしてその時、
国は今回の事故との因果関係をどの程度認めてくれるのか・・・。


放射線不安「疎開」・・・。

このニュースを読んで少しほっとしました。

決して安心出来る訳ではないけれど、
あの辺りの方達にも、
微量被曝の危険性が広がりつつあるんだな~と。


私は本州の西の端の方に住んでいるにも関わらず、
原発の事にやたら詳しいダンナ君に言わせると、
ここももう安全ではなく、
子供達が雨の日は、毎回送り迎えをしています。

そして、我が子を守るため、
ここからももっと遠くに逃げたい、と言います。


福島原発の近くの子供達には是非、
できるだけ遠くに逃げて欲しいと思ってます。

それは、とてつもなく大変な決断だと思います。

子供と離ればなれになる家族も多くなるだろうし、
住む所の問題、仕事、学校・・・。

だからこそ、国に頑張ってもらいたい、です。



原発廃止。
自然エネルルギーの普及。


これは、もちろんこれからの世の中には必要な事です。


でもその前に、
今も続いている子供達、
原発作業員の方々、
地元住民の方々、
それぞれの放射線被害から守る事が最優先されるべきだと思います。


国がするべき対応は、
あまりに多く、
果てしない道のりかもしれません。

それほどに、原発は一度事故を起こすと、
大変な事になるのです。


そんな恐い物を、
日本はまだまだこの小さな国に作ろうとしているのです・・・。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://choco2006.blog64.fc2.com/tb.php/710-7bfd526a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。